社会不安障害をぶっとばすブログ

社会不安障害を克服するブログ。小学校の時のいじめが原因で社会不安障害を患いました。

他人を気にしないためには相手に親切にするのがいい

こんにちは。

 

最近、というか結構な頻度で考えることがあって、それは

 

「なんで俺はこんなに人の事気にしてしまうんだろう」

 

「人のことなんて気にせずに自分らしく振舞いたいのに、、」

 

 

というやつです。

まあ、社会不安障害の影響もあるんだろうけど、それだけではないはずで、、、

このことはもうずっと考えてるんですけど中々答えが出てこなかったんですね。

 

 

それで、この前デールカーネギー道は開けるという本を読んでいたんですが、「この考え、めっちゃ参考になるわ」とハッとなった文章を見つけました。

 

 こちらがその本です。

【決定版カーネギー】道は開ける:あらゆる悩みから自由になる方法

【決定版カーネギー】道は開ける:あらゆる悩みから自由になる方法

 

 

 

で、その文章というのが、

 

憂鬱を追い払うには人を喜ばせればいい

というやつです。

 

一瞬どういうこと?そんな簡単なことで?ってなったんですけど、まあ物は試しという事で実践してみました。んで、これ実際にやってみると人と接することがだいぶ楽になりました。こんな簡単な事で心軽くなるんかい、はよ知りたかったわと思いましたね。

 

なんで楽になるかというと、人に親切にすること、役に立つことを考えて生活すると、親切にしてあげた人のお礼を受けるシーンがイメージできて、そこでだいぶ心が軽くなるというか、とりあえずハッピーな気持ちになるんです。そうすると、人と接することに対する不安感とかだんだん減っていくんですよね。

 

 

人に親切にしたら自分の心もハッピーになるわけで、そんなんもちろん自分も嬉しいわけで、

自分がうれしくなりたいから、人に親切にするようになって、どんどんそれが楽しみになっていくんです。

 

 

つまり、自分がハッピーになりたいから相手に親切にするみたいな感じです。

だから、人に親切にするという機会を求めるから、結果的に人と接することが楽しみになるんですよね。

 

だからこの考え方って、人と接することを恐れている人、例えば僕のように不安障害を抱えてる精神障害者とか、あとは、引きこもってる人だったり、人見知りな人だとかっていう人にものすごく効果的なんじゃないかと思います。

 

そんな単純にうまくいくかよ、、

みたいな意見もあると思いますが、僕が実践してみた結果、外出したりして人と関わるようなときでもだいぶ楽になったように感じます。

 

 

やってみて損はないと思うので、やってみて自分に合うかどうか考えてもらえばなと思います。

 

たまに、相手にとって親切だろうと思ったことがそうではなかったという事はありますが、そういう時は謝って、気にしなかったらいいだけですからね。

よほど嫌な事じゃない限り、人間忘れるものですし、

親切だろうと思ってやったことが「よほど嫌な事」になることはそうないと思います。

だからまあ、とりあえずやってみるのが一番ですね。

 

この、道は開けるという本ですが、人と接するうえで有益な情報がふんだんに乗ってるのでお勧めです。他にも悩みすぎてどうしたらいいかわからん!という人にも、解決策や不安を軽減させる方法が載っているのでお勧めです。レビューを見てみると、めちゃめちゃ高評価ですね。

道は開ける

【決定版カーネギー】道は開ける:あらゆる悩みから自由になる方法

【決定版カーネギー】道は開ける:あらゆる悩みから自由になる方法