社会不安障害をぶっとばすブログ

社会不安障害を克服するブログ。小学校の時のいじめが原因で社会不安障害を患いました。

小学校での英語必修化??は??

今更ながらこの問題について考えていた。

 

小学校での英語必修化

 

皆さんはどう考えてますかね。

 

僕は英語以前に学ぶべきことがたくさんあるとおもっていますが、、、

 

まず、道徳。

いじめでどれだけの児童、中学生、高校生が死んでますか?この国。

異常ですよね。

まあ自殺を報道するメディアにも問題はあると思いますが。

報道することで、自殺という選択肢を子供に明示しているという事が分かっていないんでしょうか。

いじめが起きる原因はよくわかりませんが、やはり

違いの認識、許容

ができていないんじゃないですかね。

英語が出来ても違いに関して許容できなければ、世界に行っても活躍できないですよ。

むしろ、淘汰されるんじゃないでしょうか。

様々な人間がいる世界で、違いに関する認識を深めず、どうやって活躍するんでしょう。

 

 

そして、意見を言う力。

日本人のほとんどは意見を言う事に対してかなり消極的ではないでしょうか。

消極的というか、意見=本音と考えれば、無に近いんじゃないでしょうか。

意見の正しさとかは関係ないと思いますが、発言しない、意見を言わないですよね。

意見を言っても、それが本音かどうかはわからないし。

意見は間違っていても他の人の意見を聞いたり、本で知識を得て是正していけば問題ないのですが、意見を言わないという事が理解できません。

まあ中には是正というか、「そんなわけない」「常識だろ」みたいな洗脳言葉で

意見を放り投げる輩もいますが。そんなものに対して、耳を傾ける価値はありません。

 

とにかく、英語が出来ても意見が言えないようでは、英語を身につける意味がありませんよね。

 

もっと他にも英語以外に身につけるべき事があると思いますが、

僕が示した、

道徳心、発言力の向上は

は待ったなしで、取り組まないと。

無宗教の日本人は特に。