社会不安障害をぶっとばすブログ

社会不安障害を克服するブログ。小学校の時のいじめが原因で社会不安障害を患いました。

小学生くらいの時に社会(社交)不安障害を患った。社交不安障害ってなに?

こんにちは。

タイトルにもありますが、

僕は社会(社交とも呼ばれる)不安障害という病気を患っています

発症時期は小学校高学年、または中学校の頃かと思われます。

 

社会不安障害は認知度が低い病気ですが、日常生活に大きく影響を及ぼします。

この病気に対して関心をもってくれる人が増えること、また、他の患者さんの一助になればうれしい限りです。

 

社会不安障害の症状について。

僕の場合は吐き気、動悸、発汗、赤面が主です。

家など落ち着ける環境にいるときは症状が出ることは少ないですが、外に出ると動悸(ドキドキ、激しい心臓の鼓動)や発汗が始まります。

人(他人や友人を問わず)と出会う可能性のあるところすべての場所でこういった症状が必ず出ていました。

また、慣れていない場所や、人の多い所では吐き気を催し、動けなくなることもしばしばです。そのため、趣味である旅行に行くときは吐き気を催すことが多々あり、大変苦しい思いをします。

 

社会不安障害を患った原因は?

100%これが原因だ!というのはありませんので、推測になりますが、

僕は小学生の頃にうけたいじめが原因だと思っています。あとは家庭環境もすこしあるかもしれませんが、ほぼいじめが原因だと思います。医者と相談して導いた推測ですので、間違いはないかと思います。 このいじめが原因で約1か月ほど引きこもっています。

 

治療方法は?

投薬、カウンセリングが基本で、他は森田療法と呼ばれる治療法もあります。

僕は今現在は投薬のみで、抗不安薬とSSRI(精神安定剤)の2種類を飲んでいます。抗不安薬は副作用として、眠気を強く感じます。そのため、朝がものすごく弱いです。

 

 

以上簡単な説明になります。

 皆さんにはこういった病気があるということだけでも知っておいていただければ幸いです。

また、この症状を身近に感じた方、また友人や家族に症状がみられるとき、お医者さんに相談されたほうがよいかと思います。